トイレリフォームで機能性の優れた便座に変えよう

便器にはさまざまな機能が開発され、現在もトイレは進化し続けています。その代表例が冬場の便座の冷たさを解消するためのヒーターです。トイレメーカーは色々な新しい機能を付与しどんどんトイレの付加価値を高めています。古くなったトイレは快適性も低いため、トイレリフォームを考えてみるのも一つの方法です。

■洗浄機能付便座

洋式トイレを語る上で洗浄機能付便座は欠かせない要素の一つです。1960年代後半、国産の温水洗浄機能付便座が発売されました。そして、1980年代に入るとテレビCMの影響もありその認知度は上がり、それに伴って販売数も上がっていきました。
そして、洗浄機能自体も進化を遂げています。洗浄水の勢いが調節できるようになったり、温度を調整できるようになったりしました。また、洗浄水にリズムを持たせたり波を打たせたりするモデルもあります。また、環境に配慮し少ない水で十分な洗浄ができるような工夫がされました。

■便座や便蓋の自動機能

現在のトイレには便利な自動機能が数多く搭載されています。一つ目が自動開閉機能です。人を感知すると開き、用を足した後に一定時間経過すると自動で閉じる機能です。便蓋が開きっぱなしだと便座ヒーターから逃げる熱量が多くなり電力のムダになります。便蓋が自動開閉することにより便蓋の閉め忘れが防止でき節電になります。
便座ヒーター自体にも自動機能があります。タイマーで使わない時刻を設定したり使用の少ない時間に節電がオートになったりと省エネになります。

■まとめ
温水洗浄機能は洗浄のバリエーションとエコ機能が改良され、便座と便蓋の自動機能は省エネが追求されています。このようにトイレは排便時の快適さだけではなく環境に配慮した機能が進化し続けています。こうした機能はモデルによって異なるため、トイレリフォームを行う際はなどのような機能が必要なのか優先順位を決めて製品を決定しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ