洋式トイレリフォーム事情

一昔前のトイレリフォームは和式便器から洋式便器へというものが多かったですが、洋式便器が主流となっている現在では便利な最新機能に魅力を感じてリフォームしたり、トイレの空間全体を好みのものにリフォームしたりするようになりました。その需要に合わせるように各メーカーが多種多様なトイレ空間を提供しています。

■トイレ空間

トイレリフォームでは便器自体をタンクレスにして有効空間を広げたり、壁や床の内装を変えたりすることによって以前の雰囲気を全く別のものに変えられます。また、トイレの室内に使用する壁材や床材などにも、撥水機能があり汚れが付着しづらいもの、臭いを吸着して消臭効果のあるものなど、快適な空間へとする工夫を取り入れることができます。トイレリフォームをする際にはしっかりした水道 評判の良い工事業者を選び、もしも迷ったときに助言をしてくれるような専門知識の豊富なところへ依頼しましょう。

■臭い対策

トイレについて回るのが臭いの問題です。和式と洋式で臭いの差があることも否定できません。便蓋があるのが当り前の洋式便器と便器がむき出しの和式では違いが生じるのは当然です。便を落とす場所も洋式はある程度深さのある溜水の中に落ちるのが多いパターンですが、和式は溜水の浅い場所に便が落ちることが多いのも要因の一つでしょう。
最新の便器には脱臭機能のあるものがあり、用を足す前や足した後に脱臭装置が作動してトイレ空間の臭いを抑えたりします。また壁や床に臭いを吸収する素材を使っているトイレもあります。

■まとめ
和式から洋式へのトイレリフォームがかつては一般的でした。現在は新機能搭載の便器への変更に留まらず、トイレ空間そのものを生活環境に合わせたり、自分の好みにしたりとトイレリフォームの目的も多様化しています。また、大きな悩みの一つである臭いへの対策も最新の便器や使われる壁や床の素材で解決できるようになっています。そんなトイレリフォームをする際には水道局指定業者に依頼するようにしてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ